« 「Q&Aコーナー」を設けました。 | トップページ | 離婚届出アドバイスと必要な証人(2名)代行します。離婚後のビザ相談可。 »

2011年9月28日 (水)

民事法務Q&A

<企業法務>Q&Aコーナー

Q:監査役の取締役会出席義務について
A:貴社の定款を確認して下さい。株式非公開会社で株式譲渡制限会社では、
会社法第389条「監査役の権限は会計監査権限のみ」であり業務監査権を有していませんので、監査役は取締役会への出席義務はありません。

Q:監査役の権限について(第336条)
A:監査役は、「会計監査」だけでなく、取締役の業務執行を監査する「業務監査」の権限も、もっています(第381条)。
今までは、「小会社」(資本金1億円以下の会社)ならば、監査役の権限を「会計監査」に限定できましたが、会社法では、小会社であるかどうかは関係なく、株式譲渡制限会社だったら、定款に定めることにより、監査役の権限を「会計監査」に限定できるという扱いになります(第389条)
もう少し詳しい回答→ホームページへ

Q:増資手続について(現、株主に全額割当予定)
A:株主割当となりますが、第三者割当の方が規制は少ないです。
  手続と流れ→ホームページへ
Q:株式譲渡制限会社の株式譲渡手続について
A:順序と書式があります。
  手続と流れ→ホームページへ

<民事法務>
Q:(外国人の方)離婚することになりましたがと証人2名がいないので困っています。
A:離婚届出と証人代行について
  手続と流れ→ホームページへ 

Q:遺言書が見つかりました。どうしたらよいでしょうか?
A:家庭裁判所へ「検認申立」が必要です。
  手続と流れ→ホームページへ

Q:相続手続について(姉が亡くなっています)
A:お子さんがおられたら代襲相続されます。
  手続と流れ→ホームページへ

藤田行政書士総合事務所

行政書士 藤田 茂

http://www.fujita-kaishahoumu.com/

|

« 「Q&Aコーナー」を設けました。 | トップページ | 離婚届出アドバイスと必要な証人(2名)代行します。離婚後のビザ相談可。 »

営業案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民事法務Q&A:

« 「Q&Aコーナー」を設けました。 | トップページ | 離婚届出アドバイスと必要な証人(2名)代行します。離婚後のビザ相談可。 »