« 一般社団法人(理事会・監事設置)の設立方法 | トップページ | 「Q&Aコーナー」を設けました。 »

2011年9月20日 (火)

行政書士顧問契約(限定3社)

【行政書士顧問契約】 会社・法人などの企業法務の顧問

1.会社・法人などの企業法務の顧問を承ります。法令遵守体制の整備、各種契約書やマニュアルの作成・リーガルチェック、などにより、トラブルの発生を事前に防止しましょう。

2.弁護士に顧問を依頼するほど、裁判になるようなトラブルは発生しない。しかし、法務部を設置するほどの余裕もない。
現在の法務部だけでは、対応しきれない、または、外部の法務サポートも導入したい。
そんなお悩みがございましたら、是非、「行政書士法務顧問」をご検討下さい。

3.法務部は必要ですか

法務部門の求人広告をみると、どこも年収800万~1200万位の条件を提示して募集を行っているようです。
もちろん会社としては、業務内容も理解した法務担当者がいた方が話は早いし安心です。
弁護士と顧問契約をしていても、よほど裁判等の紛争(トラブル)が多い訳でなければ費用対効果が得られる訳ではありませんし、契約書のチェックや作成などを依頼すると、嫌がられたりすることもあるようです。

4.予防に勝る攻撃なし

本来、何より大切なのは、事前の紛争予防だと思います。
トラブルが生じて裁判沙汰になり、それから慌てて弁護士に裁判の依頼をしたりする場合、その前提として、業種や業界による商慣習や特異性、企業独自の運用方針、など、一から説明しないといけなくなる場合が多いと思います。
また、法令の改正や業務運用方針の変更に伴い、新たに行政書士などに契約書などの法律書類の見直しや作成を依頼したりする場合も同様です。
そんな時、日頃から業界や社内事情に精通している「法務顧問」がいた方が、とても安心ですし、何よりも余計な手間や労力・時間を節約することが出来ます。
事業にトラブルはつきものです。
しかし、トラブルに対してもっとも重要なことは、多大な時間や労力と費用を費やして裁判に勝つことではなく、裁判沙汰にならないように予防することだと思います。
結果として、その方が、時間、労力、費用、等、何れの面から考えても得な訳です。
また、トラブルといっても、日常業務の中では、売掛金の債権回収や納品・契約のトラブルなど、裁判で争うほどではなく、適切な通知書面によって解決出来ることも多いでしょう。
そんな時、「書類作成」のスペシャリストである「行政書士」が、最もお役に立てられるのではないかと思っております。

5.行政書士法務顧問の活用

藤田行政書士総合事務所では、月々わずか3万円から、あなたの会社・企業の法務担当者として、コンプライアンス(法令遵守)体制の構築・紛争予防の定期診断、各種契約書等の作成、及び助言・アドバイス等を行い、書類作成のプロ・専門家として、あなたの会社・企業と、その事業をサポート致します。
 ・契約書や規約などの作成・リーガルチェック
 ・請求書・督促状の作成及び発送の代行
 ・業務運営・社内規則のチェック及び構築
 ・法令遵守(コンプライアンス体制の整備・構築)
 ・各種の許認可申請の代理&代行
 ・商号変更・目的変更・役員変更などの必要書類作成
 ・株主総会議事録や取締役会議事録などの作成
 ・公正証書の作成手続き代行

<法務顧問契約のサポート範囲>

~ プランA (月3万円) ~

 無料
  月1回 訪問打ち合わせ(法務・コンプライアンス・紛争予防診断)
  随時 電話相談
  作成代理人行政書士名入りの書類利用が可能
  各種契約書に
    「本契約書作成代理人行政書士○○○○印」
   の記名押印(職印)を施す事が可能です。
 報酬半額
  各種の契約書・申込書・稟議書等の雛形作成、
  売掛金等の督促代行

 報酬5割減額
  各種の許可申請・認可申請

~ プランB (月1万円) ~

 無料
  電話およびメール・FAX相談

上記のプランA・プランBいずれにおいても、会社のパンフレット類(会社案内等)やホームページ等に「当社法務顧問 藤田行政書士総合事務所 行政書士 藤田 茂」等の表示をして頂く事が可能です。

当事務所では、顧問先企業の権利利益確保を最優先に考え、いかなる情報も顧問先の承諾なしに外部へ提供することはありません。
また、現顧問先との関係で利益相反の恐れがある等、顧問をお断りする場合もございます。あらかじめご了承下さい。

契約に関する法的検討、締結交渉、契約書作成サポートその他各案件に関する社内意思決定サポート、企業法務に携わる実務経験21年以上。

法務顧問業務に関するお問い合せ先

藤田行政書士総合事務所

行政書士 藤田 茂

http://www.fujita-kaishahoumu.com/

info@fujita-kaishahoumu.com

|

« 一般社団法人(理事会・監事設置)の設立方法 | トップページ | 「Q&Aコーナー」を設けました。 »

営業案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士顧問契約(限定3社):

« 一般社団法人(理事会・監事設置)の設立方法 | トップページ | 「Q&Aコーナー」を設けました。 »